視力検査について|サークル帝塚山眼科|住之江区の眼科

〒559-0001大阪府大阪市住之江区粉浜1丁目1-32
06-6655-0273
ヘッダー画像

医療コラム

視力検査について|サークル帝塚山眼科|住之江区の眼科

視力検査について

今回は、視力検査についてです。

視力検査は数世紀にわたり進化してきました。最初の記録された視力検査は、古代ギリシャ時代にまで遡りますが、現代的な視力検査の基礎を築いたのは19世紀の科学者たちです。特に、ハーマン・スネレン(Herman Snellen)が1862年に開発した「スネレン表」は、今日でも多くの眼科クリニックで使用されています。これは、さまざまな大きさの文字が行ごとに配置されており、検査される人がどの行まで読むことができるかによって視力を評価します。

現代の眼科では、このスネレン表を使った検査以外にも、視力をより詳細に調べるための各種機器を用いた検査が行われています。また、自動屈折計を使用して眼の屈折状態を測定することにより、より簡便で早く眼の屈折状態を把握できるようになり、病気の早期発見につなげることが可能になりました。

視力検査は単に眼鏡やコンタクトレンズの処方だけでなく、白内障や緑内障、黄斑変性症といった重篤な眼疾患の早期発見にも繋がります。定期的な検査は眼病の進行を遅らせることができるだけでなく、場合によっては失明を防ぐことも可能です。そのため、視力に自覚症状がなくても、定期的な眼科受診をお勧めします。

視力検査では、以下のような異常が見つかることもあります:

  • 近視、遠視、乱視:レンズを通して補正することで、視力を改善させることができます。
  • 白内障:進行すると視界がかすんで見え、最終的には失明に至ることもありますが、手術によって治療することが可能です。
  • 緑内障:眼圧の異常上昇で視神経が損傷しますが、早期発見による適切な治療で進行を遅らせることができます。
  • 黄斑変性:主に高齢者に見られる疾患で、中心視が失われることがあります。

こうした問題を早期に見つけることができれば、適切な治療によって視力の低下を防ぎ、日常生活の質を大きく向上させることができます。ですから、定期的な視力検査は自分自身の健康管理の重要な一部となります。年に一度は眼科を訪れて、専門的な検査を受けることをお勧めします。お気軽にサークル帝塚山眼科までお越しください。

pagetop